千葉 探偵・浮気調査事例

千葉での探偵・浮気調査事例

  • 千葉 お問合せ
  • 調査事例

館山市の探偵・浮気調査事例 

館山市で調査を行った事例 

房総半島の最南端、館山市で調査を行った事例をお伝えします。過疎化が進み、若者の都心への流出、ドーナツ化などが問題になっている自治体ではありますが、アクアラインから館山自動車道を経由し、海水浴に訪れる方なども多く、夏は船形海水浴場や那古海水浴場を中心に、避暑地として賑わいます。今回ご依頼頂いた内容は、このアクアラインが関連するものでした。「サーフィンが趣味で、週末はアクアラインを使って他県でサーフィンをしている夫が、実は浮気をしているのではないか」といった、30代の妻からのご内容でした。

なぜ、妻が夫を疑ったのか

今回、妻であるご依頼者様が浮気を何故疑ったのか、明確な証拠などはありません。旦那は浮気を疑う以前からサーフィンをしていたようですし、家族サービスも怠らない亭主だったと言います。しかし、女性は、言動や発言、目の動かし方や声のトーンで第六感が働き、とりわけ浮気に関しては、感づきやすい性質が備わっています。実際にこのご依頼者様は、「絶対に浮気をしている」と、断言されておりました。我々も調査に乗り出すことにしました。

アクアラインから県外へ、調査結果

調査を行ったのは、ある日曜日。いつものように旦那がサーフィンに行く時間に合わせ、当社も車両で追跡尾行を開始。館山バイパスから館山自動車道を北上すると、やはりご依頼者様の疑ったとおりでした。隣町の駅で女性と待ち合わせをしていたのです。海ほたるでデートをし、更に、他県の海水浴場まで移動し、サーフィンを楽しむと、食事からホテルという流れでこの女性と不貞を働いていました。


館山市浮気調査・調査報告とその後

ご依頼者様にこれらの一部始終を報告し、ホテルに出入りする証拠映像等も提出したところ、「やっぱり…」と肩を落とされていました。旦那を疑い始めた一番の要因としては、「夜の関係が極端に減った」ということが挙げられるそうです。それに加え態度も素っ気なくなってしまっているのは、やはり女性に浮気を気づかせてしまう要因のようです。いかなる場合も浮気は浮気、許すことは出来ないと、現在奥様は当社のアドバイスをもとに離婚の手続きを進行中です。

佐倉市の探偵・浮気調査事例 

佐倉市で調査を行った事例

今回は、50代の佐倉市に住む男性からご連絡を頂きました。
1年ほど前からSNSのコミュニティで見つけた山岳サークルに夫婦でご参加されているとのことですが、妻がその中の男性と浮気をしているのではないかという事だったのです。もし本当に浮気をしていたのだとしたら…。事実を知ってしまうのをご依頼者様は大変恐れていましたが、このままでは何も進まないと、今回勇気を出して当社に調査のご依頼をして下さいました。

今回の浮気の要因は?

このサークルは、佐倉市内または周辺の地域の30代から50代の山を愛する方々が集ったコミュニティで、2,3ヶ月に一度、関東近郊の山岳の登山を楽しむことを目的で設立されたもの。妻と関係が怪しいとされているのはそのコミュニティの設立者で、妻と業務メールを交わしているうちに関係が深くなっていったのでは?とご依頼者様はみていました。
ご依頼者である旦那様は仕事で家を開けることが多い為、もし妻が不貞を働いていたとしても、正確な時間までを把握することは難しいとのことで、今回は自宅の前で何日か張り込み調査を行いました。

佐倉市での浮気調査(車両追跡調査)と結果

ある日の事でした。1台の車両がターゲットの自宅前に停まりました。それは、怪しいと踏んでいた山岳コミュニティの設立者でした。おそらく、旦那の不在の時間を妻が伝え、時間を合わせたのでしょう。車の発進とともに我々もすぐさま尾行を開始しました。志津地区に住むターゲットは、ユーカリが丘のショッピングモールでショッピングデートを楽しむと、そのまま296号で西へ。国道沿いにあるレストランで食事を済ませると、更に今度はホテルへ。そして夫が帰る夕食の時間に合わせて帰っていくという一連の流れでした。これらの一部始終の証拠写真などを収めた映像や資料をご依頼者様に提出しました。
「うまくやれている」と思えている浮気も、必ず何処かで誰かが悩み、傷つき、そしてその期間が長くなればなるほど、その傷も深くなって行くものなのです。あなたの周囲、パートナーに心当たりは無いでしょうか。

勝浦市の探偵・浮気調査事例 

勝浦市で調査を行った事例 

県内では漁業が大変盛んで、リアス式海岸、勝浦海中公園が南房総国定公園に指定されていることで有名な、勝浦市。今回はこの街で調査を行った事例をお伝えします。40代の会社員の男性からで、「妻とパート先の店長との関係が怪しい」という事でした。勝浦市内の某商品販売店で妻はパートタイムで働いているのですが、夫は同じ従業員である店長との関係を疑い始めているのです。


何故妻を怪しいと思ったのか?

妻は、この店長に何度か家に送り迎えをして貰った事がありました。はじめは、「同じ方向だから乗せてくれた」と言っていたようですが、パートの日はお酒を飲んで来ることや、家に帰る時間も遅くなる日が増えたようです。ある日も、「パート先のAさんと食事をしてから帰るから遅くなる」と言い、帰宅が深夜前になりました。後日、このAさんとご依頼者様が街で偶然会った時にこの件のお礼を行ったところ、Aさんは「妻とはその日食事に行っていない」と言い、怪しいと踏んだのだそうです。

妻のパート先で張り込み

今回、我々は妻が働いているとされるお店の前で張り込みをしました。お店が閉まり、退勤予定時刻を過ぎてもなかなか出てこなかった妻ですが、2時間ほど経過するとようやく姿を見せました。そこには店長の姿も一緒でした。誰も居ない駐車場に車が停めてあることを確認すると、車の中でキスや抱擁を交わすなど、その関係性は、店長と従業員という枠を超えていました。その後日、両者がラブホテルに行く映像の撮影にも成功しました。

勝浦市、浮気調査結果とその後

今回、この調査結果の報告から、ご依頼者である旦那さんが奥様に原因の追求をしたところ、「仕事一辺倒で、私はただの家事をするマシーン。女性として見られている実感がまるでなかったから」とおっしゃったようです。女性は幾つになっても自分自身を大切にされたがっている存在ということは、調査を行っていてよくわかります。

白井市の探偵・浮気調査事例 

白井市で調査を行った事例 

人口約6万人、北総線と国道464号が走る白井市での、ちょっと変わった浮気地調査の調査事例をお伝えします。
その日の午前中、1本の電話がありました。お電話をされたのは白井市の隣町に住む40代の主婦の方。「今夜、白井市内のレストランで旦那と女性が密会をするという情報を得た、証拠を押さえて欲しい」というものでした。実はこのような即日調査依頼の例も、近年は少なくないのです。
即日調査依頼を申し込んでくるご依頼者様の場合は、他社の料金体系や対応に納得出来ず、ご依頼をされてくるケースや、条件を飲んでくれる業者がいつまでも見つからなかった場合などが殆どです。以前から旦那の素行が怪しいと踏んでいたご依頼者様ですが、たまたま旦那の手帳を見て今日の密会を知ったとの事でした。


即日依頼のケース 

即日の調査をご依頼される依頼者様は、焦っている場合が殆どです。「今日を取り逃したらもうチャンスが無いかも知れない」と慌てふためいておられる方も多いのですが、まずは相談を聞き、ご依頼者様を落ち着かせてから、すぐさま面談に移行しました。詳しい話を伺いながら、今度は当社が調査プランを提案し、ご納得頂いたうえで、ご契約を締結しました。今回のような即日依頼、即日対応という形でも、探偵業法に基づき、後のお互いのトラブルの防止の為にも、しっかりと「契約」という形を結ばせて頂いております。また、料金もこの場ではっきりと提示致します。


白井市での浮気調査からアフターケアまでの流れ 

即日調査対応をする場合は、現場の下見や下準備を行っている時間はまずありません。そのうえで、普段の旦那の素行や帰宅時間、良く行くお店など、知っていることを全て話して頂きました。実は旦那は白井市で浮気の前例があり、同じ女性の可能性も強いという可能性も見ながら、実際に密会が行われるであろう、料亭近くで張り込み調査を行いました。

1時間後、ターゲットがレストランに現れ、浮気相手と思われる女性もお店に現れました。その後、2人は59号線のラブホテルに向かいました。
ご依頼者様は「次浮気をしたら離婚」と固く約束を結ばせていたようで、調査報告書提出後、すぐさま離婚裁判の準備に取り掛かるとの事でした。対応した司法書士は我々の方で紹介し、現在は、ラブホテルの出入りをした証拠映像や画像が決め手で、慰謝料を取ることに成功したようです。

茂原市の探偵・浮気調査事例

茂原市で調査を行った事例 

県内は房総半島の中心、茂原市からの調査依頼、実績をお話致します。
人口約9万人の茂原市は、60代の高齢者が占める割合の多い地方自治体ですが、近年は都会田舎関係なく浮気の調査事例は報告されています。ご依頼者は40代の主婦の方でした。会社を経営している夫と秘書との関係を疑っており、不貞が無いか調べて欲しいといった内容でした。この秘書は1年ほど前に入社し、ご依頼者様も面識があるのですが、秘書が入社してから、旦那の帰りが遅くなることや出張も増え、また、怪しいと思われる言動も増えたとの事でした。

難しいとされる秘書と社長の調査 

秘書と会社社長、また、直近の役員との浮気の例はこれまで県内でも数多く取り扱ってきました。基本男性側は経済力のある年上、女性側は年下の独身が多く、また、企業にもよりますが四六時中顔を合わせているケースが多い為、不貞は珍しい事ではありません。しかし、通常の浮気と異なるのが、常にどんなタイミングで一緒にいても「仕事中の打合わせ」と言い訳が出来てしまう事です。しかし、男女の関係を否定する事が出来ない唯一の現場があります。それは、ラブホテルに入る瞬間です。今回は対象者と秘書が、ホテルのゲートを潜る写真を取る為、下調べから徹底的に行いました。

茂原市の浮気調査・調査結果 

ある日、旦那の帰宅が遅くなると言われていた日を当社は怪しいと踏み、隣町にある旦那の会社の前で退勤を待ちました。そのまま秘書と会社を出たターゲットは、2人で車に同乗し、食事に向かいました。そして、2時間ほど食事をした後、2人は128号線を南下し、ラブホテルへ消えていったのです。夜間の為暗所での撮影を余儀なくされましたが、しっかり顔写真の撮影に成功し、これまでの調査報告書と合わせ、ご依頼者様に提出しました。かなり起伏の激しいご依頼者様で、浮気をした旦那の方も相当絞られたようです。

流山市の探偵・浮気調査事例 

流山市で調査を行った事例 

東武野田線、つくばエクスプレス、JR武蔵野線や常磐線が通る流山市は、人口17万人の、住宅街が多い千葉県の自治体です。今回の調査事例は交通の便が非常に良く、市外へも様々なエリアへのアクセスが考えられるこの流山市での浮気調査を行った実績です。
ご依頼者は30代の男性の方。つくばエクスプレス開通以降この地への転入者は増加し、特に働き盛りの30代の人口が増えている傾向にあります。1年ほど前から東武野田線初石駅周辺で29歳の彼女と同棲をはじめ、翌年には結婚が決まっているものの、最近怪しいと思われる行動が増えた為に調査を依頼したとの事でした。


最近の、おかしいと言われている彼女の様子 

・帰りが遅くなっても連絡をして来ない事がある
・行き先を曖昧にして出掛ける
・夜間の外出も多くなった
・友人から、他の男性と一緒に居るという現場を見たという目撃情報があった

以上のような変化がみられたようです。浮気の可能性が強いとみて、当社も調査に乗り出しました。


地元での浮気の可能性は少ない? 

県内で調査を行う場合、調査対象者が自分の住んでいるエリアで浮気をする可能性は低いと一般的に当社はみます。特に流山市のような中小都市は住宅街が多く、地元民の目撃は広まりやすいからです。普段は車を使わない対象者は、電車で隣の自治体や都心へ不貞を働いている可能性が強いとみて調査を行いました。


流山市浮気調査・調査結果 

ある日、ご依頼者様が対象者の外出日(怪しいと思われる日)を押さえ、当社にご連絡をされました。当日、自宅から張り込みを開始。電車で都心まで向かうと、駅で誰かと待ち合わせをしているようでした。数分後、車で迎えに現れたのは見知らぬ男性。当社も車で相手が現れる可能性は予め視野に入れており、すぐさま尾行開始。車両の多い都会の地域でも相手を見失うこと無く、デートの現場やホテルに入る一部始終の証拠映像を撮影し、調査報告書とともにご依頼者様に提出致しました。調査対象社はまだ20代。このような若い層は、「結婚前に最後に遊んでおきたい」とこのように浮気に走る傾向が、最近は女性でも多くなっています。

sns

無料通話アプリで相談!
ID:tanteisoudan