神奈川 探偵・浮気調査事例

神奈川での探偵・浮気調査事例

  • 神奈川 お問合せ
  • 調査事例

綾瀬市 探偵・浮気調査事例

綾瀬市で調査を行った事例 

綾瀬市の人口約8万人、タウンヒルズSCを中心に発展し、都市化が進んでいる綾瀬市。この街から以前頂いた調査事例をご紹介したいと思います。ご依頼者様は50代の男性。「妻の様子が最近おかしいので様子を探って欲しい」との事でした。確実な浮気の情報は掴んではいらっしゃらなかったものの、明らかに最近の態度がよそよそしく、誰かとメールのやり取りをする機会も増え、素行がおかしいという事から、トラストジャパンが調査に乗り出しました。

鉄道の走っていない綾瀬市の特徴と調査 

神奈川県の交通網は発展しており、都心にもアクセスし易く、鉄道を利用する県民は多いものの、この綾瀬市に至っては鉄道が通っていません。その為、住民の足は車かバスが中心。自宅は相鉄バスの綾瀬営業所の近くだった為、ターゲットは良くバスを利用していることがわかりました。今回、妻の行動パターンが全く読めなかった為自宅前で張り込み調査を入念に続けた結果、いつもと違った装いで外出する妻をキャッチすることに成功。バスで移動を始めました。当社スタッフもバスに同乗して追跡開始。30分ほどバスに乗り他市まで移動すると、男性が車で迎えに現れました。そのまま買い物を楽しんだり、お茶をしたり、まるで本物のカップルのように中睦まじそうに過ごす2人。躊躇いも無くラブホテルに入っていくという一部始終を捉えました。

女性が持つ、裏の顔 

パートナーが働いている時間帯に全く違った表情を持ち、浮気や不倫などの不貞を働くケースは、いつの時代も報告が寄せられるものです。それは、ここ神奈川県に至っても同様。近年は、何不自由無く暮らすこのようなベッドタウンの主婦でも、SNSサイトの普及なども関連し、遊び半分で浮気をしてしまう例も数多く報告されています。たとえ最初は遊び半分だとしても、本気になってのめり込み過ぎてしまい、取り返しがつかなくなってしまう事例が多いのも、女性特有の怖さです。ご依頼者様の旦那様に調査結果をお伝えすると、大変落胆されておりましたが、今回は離婚は考えず、夫婦生活を見直していくとの事です。

逗子市 探偵・浮気調査事例

逗子市で調査を行った事例 

神奈川三浦半島の入り口、逗子市は、有名な観光施設「逗子マリーナ」をはじめ、特に海水浴シーズンは賑わいを魅せる街です。もちろん街の産業も観光産業は盛んで、多くの企業が逗子の観光活性に協賛しています。都心に住まれるAさん(30代主婦)の旦那も観光関連の会社に勤務し、この逗子に頻繁に出張に訪れるそうです。しかし、最近、そんな旦那の態度が激変したとのこと。「出張先の逗子で女を作ったのではないか、調べて欲しい」との事でした。

出張先の女性との関係が怪しい 

旦那は月に1、2回、逗子へ出張へ行くそうです。今回は当社スタッフも横須賀線から同乗し、逗子での旦那の行動パターンの一部始終を張り込み続けました。旦那は現地の企業のスタッフとみられる若い女性と一緒に居ることが多く、視察や打ち合わせなど終始この女性と時間を共にしていました。しかし、ちょっとした2人の目線の配り方や、ボディタッチなどは、「ただの仕事関係の間柄」ではない事を匂わせました。

そして、遂に当社スタッフのその目論見が確かなものとなりました。ある日、仕事を終えた2人は逗子市内のバーへ行き、数時間後タクシーを捕まえ、そのままラブホテルに消えていったのです。ラブホテルを男女が出入りするというのは、絶対に覆らない、完璧な浮気の証拠となります。

逗子での浮気調査結果とその後のついて 

今回の一部始終を写真や映像とともにご依頼者様である奥様にお伝えしました。相当なショックを受けていらしたようでしたが、当社スタッフのアドバイス、入念なアフターケアで徐々に正気を取り戻されていきました。現在離婚裁判に向け、当社が紹介した行司と準備を進めているところです。証拠資料が明確なので、まず慰謝料を取れることは間違いないでしょう。

伊勢原市 探偵・浮気調査事例

伊勢原市で調査を行った事例 

伊勢原市にお住まいの、40代の主婦の方から頂いたご相談です。「夫の浮気癖が治らず困っている、問い詰めれば開き直ってしまうこともあるし、もう精神的に疲れてしまった」との事。当社はこのご依頼者様に、離婚裁判を起こして慰謝料を請求してみるよう提案しました。男女の不貞から発生させられる精神的苦痛の代償として、慰謝料の請求は認められています。この奥様のように、度重なる旦那の浮気に耐えてきた方には、それなりの額を請求出来るに値すると当社も判断し、アドバイスも交えながらご相談に対応しました。結果、浮気調査を行い、旦那の浮気の証拠写真を掴んで慰謝料を請求するという流れになりました。

伊勢原市で浮気調査 

話がまとまり、調査契約が済むと、早速業務開始。鉄道の駅が少ない伊勢原市は、郊外は特に住宅街が多く、車での移動が基本です。旦那のスケジュールを奥様に確認して貰い、「怪しい」と思った日を割り出すと、早速その日の会社帰りの旦那の尾行を開始。246を東へ1時間ほど行ったレストランで、女性が待っていました。風貌的には水商売的カラーが強い女性、夜のお店で知り合った可能性が高いと思われます。まるで本当の恋人のように、レストランでも終始べったりだった2人は、そのままラブホテルへ流れました。既に周辺のラブホテルは全てリサーチしてあったので、待機していたスタッフが簡単に出入りするターゲットの表情を捉えることに成功しました。

伊勢原市の浮気調査結果とその後 

旦那の浮気は確定しました。さて、その後どうするか。離婚裁判に至るまでの経緯、準備の進め方等を大まかに奥様に説明し、一連の流れを掴んで頂くと、今度は当社の紹介した司法書士の先生と、裁判に至るまでの細かい話を進めていきました。やはり今回も当社が作成した調査報告書やラブホテルの出入りをする写真と映像が決定的な証拠となり、無事に慰謝料の支払いの義務が旦那に課せられたようです。

sns

無料通話アプリで相談!
ID:tanteisoudan