調査手法と使用機材

調査手法と使用機材

  • お問合せ

トラストジャパンの尾行方法の紹介

浮気調査を行う際、浮気の決定的な証拠を得るために必要不可欠なのが尾行です。

尾行は調査の中でも一番専門性の高いです。素人が尾行をすれば、あっという間にターゲットに気が付かれる、またはターゲットを見失うことになります。
もちろん、トラストジャパンではこの尾行においても高い技術を誇っています。
今回は、トラストジャパンの尾行術についてご紹介していきたいと思います。

対象者を尾行するときには基本どこを見る?

もし、あなたが誰かを尾行するとなったら、相手のどこを見て尾行するでしょうか?
頭、顔、胴体、下半身、全体…色々なところを見ながら尾行するはずです。
トラストジャパンの調査員が尾行をする場合には、「靴」を見るようにしています。
意外に思われるかもしれませんが、靴を見ることで尾行に気が付かれる可能性が激減します。
更に、靴を見ることでターゲットの周囲の人からも怪しまれないといったメリットがあります。ターゲットの顔や背中などを見て尾行し続けていると、周囲の人から怪しまれることもあります。
おそらく、他の探偵社の調査員の方もこの記事を見ているでしょう。それにも関わらず、尾行術の内容をご紹介するのは、トラストジャパンの調査は一朝一夕で身に付くものでなく、トラストジャパンで長年経験を積むことでしか得ることのできない技術だからです。
他の探偵社でも「尾行をするときには靴を見ろ」と教えるところはあります。 しかし、実はそれだけでは足りないのです。ここから先は企業秘密になりますので公開することはできません。
独自の調査手法を持っているトラストジャパンだからこそできる尾行術があるのです。

尾行行うの際には土地勘、交通事情は精通する必要がある

尾行をする際、土地勘やその地域の交通事情についても詳しく知っておく必要があります。
例えば、ターゲットを車で尾行している場合、渋滞する道に捕まってしまってはターゲットを見失ってしまう可能性もあります。
更に、急にターゲットの車が停車した時、間違えてもその後ろに停車するようなことはしません。 だからと言って何も考えずに通り過ぎてしまうと、いつの間にか一方通行の道に入ってしまい、折り返しをしているすきにターゲットに逃げられることもあります。
もちろん運転技術も必要ですが、交通状況を熟知しておく必要があります。 公共交通機関に関しても同じです。
どの路線がどの時間に来るのか?
乗り換えはあるのか?終電の時間は?などたくさんの情報を頭に叩き込んでおく必要があります。
特に遠方地の調査になると、交通事情、公共交通機関については詳しく調べておく必要があります。

トラストジャパンの尾行方法の紹介

トラストジャパンが行う張り込み

探偵・浮気調査を行う場合、張り込みします。

張り込みを行うことで、ターゲットの行動パターンを読むことが出来たり、浮気の決定的な証拠を掴めたりすることもあります。
トラストジャパンではこの張り込みに関しても高い技術を持っています。
今回は浮気調査の際に多用する、張り込み術についてご紹介していきたいと思います。
張り込みをする際に重要なのは、張り込みを行う場所です。
ターゲットや浮気相手、ひいては周辺住民からも怪しまれない絶好の張り込み場所を見つけないといけません。
張り込みを行う際、車の中、道端、木陰、木の上、車の下など最適な場所を見つけて張り込む必要があります。
もちろん、浮気を行っているターゲット、浮気相手も浮気がバレないように警戒しているので、張り込み場所を選ぶ際には特に気を遣います。
いくら周囲に怪しまれないところに張り込んでいても、浮気の決定的な証拠が取れる場所にいないとその張り込みは失敗と言えます。
また、トラストジャパンでは、長時間の張り込みになる場合があることも考えて、張り込み調査前の健康管理も徹底しております。
張り込み中にお腹を下す、トイレに何度も行く、そのようなことがあってはせっかくの浮気の証拠も見逃してしまいます。
全てをご紹介することはできませんが、例えば張り込み前日から、利尿作用(尿意が近くなる作用のことです)があるコーヒーなどは一切飲みません。
張り込み調査時のみならず、トラストジャパンでは調査員の体調管理にも十分に気を遣っています。


トラストジャパンが行う聞き込み調査

探偵・浮気調査を行う際に、聞き込みをする事があります。 この聞き込みは有益な情報を入手するには非常に効果的な方法ですが、一歩間違えるとターゲットに浮気調査をしていることがバレてしまうことがあります。 聞き込みをする対象を誤ると、聞き込みをされた人がターゲットに調査をされていることを伝える可能性があるのです。 更に、聞き込み術と一言で言ってもその手法は実に様々です。 複数回答式、二択式、自由回答式、誘導形式など欲しい情報によって聞き込みの手法も使い分けます。
浮気調査ではより有益な情報を入手するために、聞き込み自体の技術が高いことに越したことはありません。
しかし、より重要なのは、聞き込みをして得た情報をいかに分析するかです。 聞き込みをする目的は、多くの情報を聞き出すことではありません。
浮気をしている証拠を掴むために有益な情報を掴み、それを調査に関連付けることなのです。 聞き込みで得た情報も信憑性の高いものから、信憑性の低いものまでいろいろあります。
特に夜に浮気をするケースが多いことを考えると、聞き込みをした人がターゲットと見間違いをする可能性も十分にあります。
依頼主様との綿密な面談、さらに独自にターゲットの性格、行動パターンを予測して、聞き込みで得た情報を照合します。
これにより、聞き込みで入手した情報をしっかりと調査に活かすことが出来るのです。

トラストジャパンが行う張り込み

トラストジャパンの撮影術・情報収集力・鋭い洞察力

絶対条件の『撮影術』

探偵・浮気調査でも調査員の最大の腕の見せ所ともいえるのが、撮影技術です。
追跡能力、張り込み能力がいくら長けていても、浮気の決定的な証拠を撮影する技術がなければ意味がありません。
浮気調査を行う場合、この撮影技術は浮気のターゲットに対してとどめをさす最後の一手になります。 トラストジャパンでは、浮気調査においてこの撮影技術を非常に重視しております。
日頃から最新のカメラ、ビデオ、小型カメラ、さらには海外の最新機材についてもしっかりと導入研修を行い、浮気の証拠を確実に掴み取ります。

夜間や狭い路地、ホテルの一室…確実に仕留める『撮影術』

探偵・浮気調査を行う時間帯で最も多いのが夜間です。特に、仕事も終わり外食に出かけ始める19時から深夜の時間帯は浮気がもっとも行われやすい時間帯です。
この時間帯はどんな季節であっても辺りは暗闇に包まれています。その暗闇の中でも、トラストジャパンはターゲットに気が付かれることなく接近し、はっきりとターゲットがわかるように撮影をいたします。
詳しい撮影方法に関してはもちろん企業秘密ですが、暗闇にも対応できる最新の暗視カメラ、長時間の撮影が可能な長時間カメラ、そしてカメラと気づかれないような超小型カメラも所有しています。
そういった最新の機材に、トラストジャパンの熟練探偵の技術が加わることで業界でもトップクラスの撮影技術を誇っているのです。

鋭い『洞察力』が必要な情報収集力

探偵・浮気調査成功のカギを握ると言ってもいいのが情報収集です。
浮気調査を行う場合、情報はいたるところにあります。素人の場合、その情報に気が付くことが出来ません。
これまで数々の浮気調査を行ってきたトラストジャパンでは、浮気調査で得られる情報を独自に体系化しているため、普通見逃してしまうような情報もしっかりとつかむことが出来るのです。
近年では、この情報収集に非常に力を入れており その理由は、改正された個人情報保護法により、浮気調査時の情報入手が非常に困難になったからです。
情報収集をする際も、個人情報保護法に抵触し、最悪の場合訴訟につながる恐れもあります。実際に、違法な調査を行い行政指導が入ったり、摘発されたりしている探偵社もたくさんあります。
弊社ではこのような違法性がないように情報収集に力をそそいでいます。浮気調査では結果だけでなく、調査内容のクリーンさにも自信があります。
相談者様に余計な不安を持たせてしまうことなく、業務の遂行を可能にしている当社が、あなたをフルサポート致します。

トラストジャパンの撮影術・情報収集力・鋭い洞察力

トラストジャパンが仕様する主な機材

ビデオカメラによる探偵・浮気調査

時々、相談者様より「浮気調査にはどういう機材を使うのか教えてほしい」とご質問いただきます。やはり、どういった手法で証拠を掴んでいくのか気になる部分だと思います。
特に、調査機材を全く説明出来ない探偵は「本当に調査結果が残せるのか」という点も含めて疑問に感じる方も少なくないでしょう。
浮気調査においてどのような資料の作成が行われるのか。証拠資料となるビデオカメラでの撮影についてご紹介しましょう。
他の証拠資料収集方法について簡単に触れましょう。例えば、写真は一瞬を記録する為のツール、ICレコーダーは音声を記録するためのツール。もちろん、これらも裁判時には大活躍する証拠として記録していきます。
ビデオカメラは動画による浮気調査の記録が可能。動画による証拠を見た相談者様は、浮気相手とラブホテルに入っていくパートナーの姿や、浮気相手と親密な行動をとっている姿を見ると、少なからずショックを受けます。
人によっては見ている途中で「止めてくれ」と言い出す例もあります。
つまり、動画による証拠はそれだけ価値がある、動かぬ証拠なのです。トラストジャパンでは確実な証拠を掴めるよう、ビデオカメラの品質はもちろん、手入れや管理も含めて常に注意しております。
しかし、ビデオカメラ自体、写真用のカメラと比べると遠距離や夜間の撮影が難しいケースもあります。また、ICレコーダーのように音声を記録することに特化しているわけではありません。
他のツールと併用することで証拠の客観性を高めているのです。

決定的な証拠の入手には不可欠 高性能一眼レフカメラ

探偵が浮気の証拠を獲得する際に、昔から多用されているのがカメラです。
カメラも最近はかなり高性能なものが増えてきたように思います。 特に一眼レフカメラは探偵調査においては必須ともいえるアイテムです。
トラストジャパンではターゲットの浮気の証拠を確実につかむ、高性能な一眼レフカメラを使用しています。

一眼レフカメラの特徴には大きく分けて二点があります。
一点目は、とにかく被写体がキレイに移ること、そして、二点目が、レンズの交換により素早く、高い望遠撮影が可能になることです。
探偵調査を行う場合、いくら目の前で浮気の決定的な証拠があったとしてもそれを記録に残せないと何も意味がありません。
例えば、通行人と重なってしまって、顔が見えない写真、ピントがぶれて顔がぼやけてしまっている写真。 こういった写真は浮気の証拠をとして認められない場合があります。
一眼レフカメラの操作は、どのような状況でも撮影者の腕一つで柔軟に対応することができるのです。 一眼レフカメラは他のカメラに比べて鮮明に被写体を映すことができます。
それが近距離であっても遠距離であっても変わりません。 トラストジャパンでは、日頃から一眼レフカメラの使い方についても研修を重ねています。 プロのカメラマンにも負けない高い技術力でターゲットを撮影します。

暗視カメラ

暗視カメラとは、暗闇の中でも撮影できるカメラのことを言います。
暗闇の中でもわずかな光を感知し、それを映像化することが出来ます。 街灯や明りの少ない暗がりでの撮影時などに高価を発揮し、浮気調査においては必須のアイテムと言えるでしょう。
テレビ番組などで、夜の場面の撮影をする際などにご覧になったことがある人も多いかも知れません。 元々は、軍事用に開発された装置です。
特徴として、画面が緑色で構成されていることが挙げられます。
暗視カメラが緑色の画面で構成される理由は、緑色の波長が可視光線(人間が目で見える色のこと)の中でちょうど中間に位置し、最も知覚されやすい色であるからです。
暗視カメラによって、彩光率も異なり、高性能のものであれば、全くの暗闇でもキレイにターゲットを撮影することが出来る暗視カメラもあります。
望遠機能がついているものも多く、遠距離の撮影にも対応可能です。 通常のカメラのように持ち運びができるタイプと、防犯カメラのように設置しておけるカメラの二種類があります。

小型カメラ

探偵・浮気調査の際に、小型カメラを使う機会があります。
人口密集地で、周囲の人が不審に思う可能性があり高機能な一眼レフカメラが使えない、ターゲットの警戒心が高い場合などに活用されています。
小型カメラにも色々な種類があります。 普通のカメラをそのまま小型にしたようなものから、ボールペンの中に内蔵されたカメラ、メガネに内蔵されているカメラ、ライター型のカメラなどもあります。
このようなカメラは俗にスパイカメラと呼ばれます。 スパイ映画などで出てくるような超小型のスパイカメラも実在します。
これらの小型カメラを使用することで、ターゲット、周囲の住民にも怪しまれずに撮影を行うことが可能です。

車載カメラ

探偵調査で車載カメラを用いる場合があります。 車でのターゲット尾行時、車での張り込み調査時などにこの車載カメラが活躍します。
高性能な車載カメラになると、遠隔で操作できるような車載カメラもありますし、撮影角度を自在に変えることができるカメラも存在します。
文字通り、車に設置するカメラですが、設置する場所、形状なども車載カメラのタイプによってそれぞれです。
特に車載カメラの利点として、車の走行での揺れや衝撃の中でも安定した画質の撮影ができることがあります。
探偵調査の場合、車での追跡調査や尾行も多くなりますので、この車載カメラは非常に有効になります。 写真だけでなく、長時間の動画撮影も可能にする車載カメラもあり、浮気の証拠資料の作成に役に立ちます。
車から電源を取ることができるタイプも多いため、長時間の駆動にも耐え、さらに車の内装を上手にカムフラージュできるタイプのものもあるためターゲットに気が付かれずに接近することもできます。
ブレや衝撃にも強く、きれいな画像を安定して撮影できるのが特徴です。

長時間対応カメラ

調査の内容によっては、一回の調査で長時間張り込みを行う場合などがあります。
張り込み調査は、ターゲットがホテルに入って行って出てくるまでの時間、ターゲットが自宅や浮気相手宅に出入りしているとき、待ち伏せをしているときなどに使う調査手法です。
トラストジャパンだけでなく他の探偵社も必ず行う調査手法になります。 張り込み調査の場合、いくら機能が高くても、充電がすぐに切れてしまうカメラでは長時間の調査に対応できません。 そこで、トラストジャパンが準備しているのが、長時間対応カメラです。
普通のデジタルカメラの連続稼働時間の数倍の長時間稼働が可能なカメラです。
更に、予備分のバッテリーも用意しているため、浮気の決定的な瞬間を見逃すことがありません。

ボイスレコーダー(ICレコーダー)

ICレコーダーの場合、録音した音声をメモリーカードやUSBフラッシュなどに取り込みます。
レコーダーに再生機能があるものも多いですし、録音機能のみでパソコンや専用機器に接続して聴けるものもあります。
ICレコーダーの場合、テープレコーダーに比べて稼働時間が長い、録音時間が長い、録音時に音が少ないといった特徴があります。
更に、高機能なレコーダーになると音質も鮮明です。 オプションとして、指向性マイクを接続できるものもあります。
指向性マイクとは、欲しい音の方向を自分で決めることが出来る装置です。 例えば、雑音の多い都心部などではこの指向性マイクが役に立ちます。

トラストジャパンが仕様する主な機材

sns

無料通話アプリで相談!
ID:tanteisoudan