浮気調査の豆知識

浮気調査の豆知識

  • お問合せ

社内不倫について

社内での不倫

まさかうちの会社に限ってそんなことは…と考えていても、男女の関係ですから、いつあなたの会社で社内不倫が発生してもおかしくありません。
社内の不倫では、圧倒的に男性が既婚者、女性が独身者といったケースが多いです。 社内の不倫での問題点は、私生活のみならず、業務上支障が及ぶことです。
特に女性の多い職場になると、不倫をしているカップルなどが発覚するとあっという間に噂になります。
それにより、普段の仕事上の付き合いにも支障が生じるようになり作業効率が落ちる場合も考えられます。

会社の面子に傷がつくことも

社内で不倫などのスキャンダルがあっていることが外部に漏れた場合、会社の沽券に傷がつきます。仕事に関連することならまだしも、こういったことで会社の評価が下がることは避けたいものです。会社での不倫は、同部署内、他部署間、他事業所間でも行われています。また、社内における不倫調査に関しては、昇格人事、人事異動の際にも役に立ちます。以前、不倫を下関係にある従業員を同部署内に配置することなどを避けることができますし、昇格人事の際の参考にもなります。
そして企業間での不倫については同じ会社内だけでなく、他の会社の従業員同士での不倫に発展する場合もあります。
こうなった場合、自社内だけの問題ではなくなりますので、発覚も難しくなります。会社間の不倫での問題点は、社外秘の情報が流出しないかということです。新しいプロジェクトの進行中などの場合には、大切な情報が漏えいしてしまうといったリスクもあります。そういった情報が漏れることを考えたら、調査にかかる費用は十分な先行投資と言えるのではないでしょうか?

社内不倫について

不貞行為について

不貞行為の証拠とは

結婚相手が不貞行為をしている場合、裁判で離婚調停にもつれ込む場合があります。裁判で有利になるために、どのような形で相手の不貞行為の証拠をつかむかは非常に重要なポイントになります。不貞行為を原因として離婚が成立するにも裁判官の判断が必要になります。 裁判官の判断の基準は断片的なものでなく、総合的な判断のもと、不貞行為の証拠として成り立つかどうかが決まります。例えば、一人暮らしの異性の家に出入りする写真が取れたとしましょう。この一枚の写真で決定的な不貞の証拠として成立するのは難しいです。これがラブホテルの場合は話が別ですが、不貞行為を行う場合、なにもラブホテルに限った話ではありません。
上述したような内容で、例えばパートナーが知らない異性とラブホテルに入っていく写真が獲得できたとしましょう。その写真自体の内容もとても重要です。 例えば、写真がぶれている、暗くて誰だかわからない、遠すぎて個人が特定できない。こういった場合にはもちろん、相手に言い逃れのチャンスを与えることにもなりますし、証拠として認められない場合も有ります。
裁判官の心証を上げ、確実に不貞行為の証拠として認められるためには、不貞行為の証拠となるポイントを押さえた写真が必要になります。不貞行為の証拠として、一般的に写真が利用されますが、トラストジャパンでは写真はもちろん、その他の方法でも不貞行為の証拠を記録します。それは、音声であったり動画であったり、不倫の内容や依頼の案件によっても異なります。 いずれにしても、最新の探偵調査に必要な機材を使い、確実に不貞行為をしているといった証拠を獲得します。これにより初めて、裁判でも有効な不貞行為の証拠となるのです。

別居中は不貞行為となるのか?不貞行為に時効はあるのか?

結論から言うと、離婚前提の別居中の不倫は不貞行為になりません。しかし、別居前から何かしらの関係のある相手の場合はこの限りではありません。
不貞行為に認められる事由として「結婚生活が継続困難な程度」といった規定があります。離婚前提の別居中は、事実上夫婦関係が破たんしていると捉えられますので、不倫をしても不貞行為となりません。他にも、旦那が風俗店通いをしている場合なども特別な理由がない限りは不貞行為にはなりません。 不貞行為、と聞くと不倫相手と肉体関係を持つことと思う人が多いですが、それ以外にもたくさん不貞行為はあります。法的な表現では「夫婦間の守操義務に違反する姦通」という風に言われます。
また、不貞行為にも、時効が存在します。一般的には、不法行為の損害賠償請求は行為があったときから20年、損害の事実と加害者を知ったときから3年と言われています。
自分のパートナーが不貞行為をしていることに気が付いたら、3年以内に損害賠償請求(慰謝料請求)をしないと時効になります。中には、不倫されていると被害妄想的に思っている人もいます。
大事なことは、誰が見てもわかる客観的な証拠です。トラストジャパンは不倫の証拠をしっかりと獲得できるように努めています。

不貞行為について

妻の浮気特徴について

妻の浮気調査 その傾向と特徴。

男性の多くが、性欲により浮気をしますが、女性の場合はそうではありません。 女性の場合、もちろん性欲により浮気をする人も多くいますが、多くの人が夫からの愛情が足りずに、愛情を求めて浮気をします。これが男性と女性の浮気の決定的な違いと言えます。 これが、浮気調査にどんな影響を与えるかというと、女性が浮気をする場合は、愛する浮気相手を守るために、男性よりも隠ぺい工作の内容が巧みになります。そのため、夫が気が付いていないうちに、常習犯的に複数の相手と浮気をしている人もいるのです。 男性の浮気同様、女性の浮気にも特徴があります。 特に、家庭にいる妻の浮気にはある特徴があります。 例えば、あなたの奥様に以下のような行動は当てはまりませんか?
  • ・化粧の仕方、髪の色、服装が急に変わった
  • ・やたらと携帯電話をいじるようになった
  • ・何があったわけでもないのに急に上機嫌になることが多くなった

もちろん他にも浮気の特徴は存在します。 数例を挙げただけでも見に覚えのある人もいるのではないでしょうか? 女性の場合、男性よりも浮気に本気になることが多いのも特徴になっています。


外見が変わる、女性の浮気

何歳になっても、女性は「美」に敏感な生き物です。 浮気をしている場合、自分の夫以外の男性を魅了するために、化粧の仕方、香水の種類、服装の雰囲気、髪型、髪の色などが変わるケースがあります。 何の前触れもなく、奥さまの外見が大きく変わったときには、若干注意したほうがいいかも知れません。浮気をしている男性のために外見を磨いている場合、例えば新しい髪の色が似合っていると誉めても反応がイマイチ…ということが多くなります。結婚すると、男性は奥様の外見に対して無関心になりがちです。 特に浮気をされている疑いがある人は、しっかりとチェックしておくようにしましょう。

使途不明金が増えてきたときには要注意

家系の管理を奥様が担当している家庭も多いと思います。もし、あなたのパートナーが浮気をしているなら、確実に会計の中に使途不明金があります。 特に、マメに家計簿をつけているような家庭であれば、浮気の疑いがあったとき、家計簿を確認してみてください。日常と変わらない出費のはずなのに、貯金額が減っている、雑費といった記載が増えている場合には怪しんだ方がいいでしょう。日頃から、家計についても関心を持っておくことで、ある程度妻の浮気を防ぐことができます。特に、専業主婦の奥様の場合、日中に時間がありますから、注意をしておいた方がいいかも知れません。
 妻の浮気特徴について

夫の浮気特徴について

夫の浮気調査 その傾向と特徴。

浮気調査の依頼のケースとして、女性からの依頼のケースが多くなっています。自分の夫がどうやら浮気をしているみたい…といった悩みを抱えてご相談に来られる方もたくさんいます。 夫の浮気の場合、どういった特徴があるのでしょうか?少しご紹介したいと思います。
  • ・会社からの帰りが遅くなり、出張が増える
  • ・見たことのない小物を身に付けている
  • ・(共働きの場合)夫の方から妻の仕事の休日を調べようとする

などといった傾向があります。


夫の言い訳

男性が浮気をしている場合、たいていの場合自分のしている. 仕事を言い訳にして浮気に走ります。 突然出張が入った、急な仕事が入って休日出勤しないといけなくなってしまった…。 女性の浮気と違い、夫の浮気の場合は浮気の言い訳を作りやすいといった特徴があります。 もちろん、仕事に関してもそうですが、男性社会の中では、キャバクラやスナックといった、夜のお付き合いを浮気の言い訳とする人も多いのです。 また、男は親しい男友達に浮気をしていることを話す人が多くなります。 女性からすると、わざわざリスクを冒しているようなもの、と感じるかも知れませんが、これも浮気の言い訳づくりに利用されることが多いのです。 女性と男性の大きな違いは、夜の町に遊びに行くかどうかといったことも多くなります。男性のコミュニティの中では、女遊びをするということが違和感なく行われている場合もあるのです。 そのため、男友達と遊びに行く、といったことにしておいて、その友達に口裏合わせをする人も少なくありません。 誠実な人がいれば、浮気をしていることを教えてくれるかもしれませんが、男性はそういった男友達には浮気をしていることを伝えることは少ないようです。

夫が浮気するタイミング

夫の浮気にもある一定の特徴があります。その中でも、こういった時期に浮気をしやすいといったタイミングがあります。 いくつか例を挙げると
  • ・妊娠中
  • ・年度切り替え時
  • ・クリスマス前

といった時期です。 妻が自分の相手をしてくれない、女から母親に変わってしまった、新しい出会いがある、そういった時期は浮ついてしまう男性も多くなります。 浮気症の旦那様の場合、こういった時期には特に注意しておいた方がいいかも知れません。

 夫の浮気特徴について

既婚・未婚で見る浮気の実態について

浮気を行う際、未婚、既婚でどれくらい浮気に対する傾向が変わるのでしょうか?


今回は、実際の調査依頼の内容をもとに、未婚、既婚での浮気の傾向について分析していきたいと思います。自分の恋人が浮気をしているかもしれない。
配偶者の行動が最近特におかしい。そういった人も是非、ご参考にされてみてください。既婚者同士の浮気の際には特に注意が必要です。
先に述べたような未婚女性と既婚男性の場合、あくまで浮気と割り切ってのお付き合いをしている人が多いので修復も比較的しやすい傾向にあります。しかし、既婚者同士の浮気になると、浮気と割り切ることが出来ずにどんどん深みにはまってしまうケースがあります。既婚者同士の場合、お互いに一度は愛を誓い合ったパートナーがいます。しかし、実際に生活をしていく中で不満がたまり、浮気に走る人が多くいます。要は、同じような不満や傷を持った者同士が浮気をするわけですから、浮気として割り切るのではなく、もっと情念的な感情を持って浮気をする場合も有るのです。既婚者の方で浮気をされている心配のある方は、早めに浮気の証拠を掴むことでこういった状態になる前に問題を解決することもできます。


既婚同士の浮気には要注意

既婚者同士の浮気の際には特に注意が必要です。先に述べたような未婚女性と既婚男性の場合、あくまで浮気と割り切ってのお付き合いをしている人が多いので修復も比較的しやすい傾向にあります。しかし、既婚者同士の浮気になると、浮気と割り切ることが出来ずにどんどん深みにはまってしまうケースがあります。既婚者同士の場合、お互いに一度は愛を誓い合ったパートナーがいます。 しかし、実際に生活をしていく中で不満がたまり、浮気に走る人が多くいます。要は、同じような不満や傷を持った者同士が浮気をするわけですから、浮気として割り切るのではなく、もっと情念的な感情を持って浮気をする場合も有るのです。既婚者の方で浮気をされている心配のある方は、早めに浮気の証拠を掴むことでこういった状態になる前に問題を解決することもできます。

既婚・未婚で見る浮気の実態について

性差で見る浮気の実態

男性と女性、どちらも浮気をする人はいます。

しかし、男性と女性の場合、浮気をする原因や行動パターンに違いが出てきます。今回は、性差で違いが出る、浮気の実態についてご紹介していきたいと思います。
まず男性の場合、浮気をする場合の多くが、性欲によるものです。パートナーとの関係が冷え切り、肉体関係を求めなくなったとき、そのはけ口となる女性を探します。風俗店などの利用に走る人もいれば、社内の女性、女友達との浮気に走る人もいます。風俗店の利用の場合、費用が掛かってしまうといったこともあるため、浮気に走る人も多いようです。女性の場合は、男性からの愛情が感じられなくなったときに浮気をします。もちろん、性欲で浮気をする人もいますが、男性に比べると少ない方です。 愛情を求めて浮気をするため、浮気が本気に変わることも稀にあります。

世代・性差で見る浮気の実態について

男性も女性も浮気を行いやすい世代というものがあります。
いくつになっても浮気を繰り返すような人もいますが、ある程度の年齢になると落ち着いて浮気をしなくなる、またある年齢になると浮気をする傾向が強くなる、そういったデータもあります。今回は、トラストジャパンが独自に調査した、浮気を行いやすい世代、そうでない世代についての情報についてご紹介していこうと思います。

男性が浮気をしやすくなる世代

男性が浮気をしやすいのは20代前半、30代半ば以降です。
20代前半は有り余るエネルギーを発散するために浮気を行います。20代前半と言えば、女性が最も光り輝く時期です。女友達や職場の同僚と浮気をするケースが多いようです。
そして、30代半ばを超えてくると家庭も落ち着き、スリルを求めるようになります。20代の頃にはなかったような仕事での役職、収入もあるため、女性からも人気が出ます。 落ち着いた年代にも差し掛かるので、年下の女性から言い寄られるケースも多いようです。

女性が浮気をしやすくなる世代

女性が浮気をしやすい世代は20代全般と、30代後半にかけてです。
20代の時期は、女性は一番美しくなる時期でもありますので、自分は浮気をするつもりがなくても男性から言い寄られて浮気をしてしまうリスクが高くなります。
特に、経済力のある男性に魅力を感じる世代でもありますので、職場の上司と浮気をするケースも多いです。
20代から30代前半にかけて、結婚、出産、育児を一通り終えると、今度はスリルを求めて浮気に走ります。 更に、日中時間のある専業主婦の方になると単調な生活に刺激を求めるようになり浮気に走る傾向が高いようです。

浮気に対する寛容性

男女では、浮気に対する寛容性はどれくらい違うのでしょうか?
実際に調査依頼を受けた中でも、男性の方が浮気に対して寛容性が少なく、女性の方が浮気に対して寛容であるといった結果が出ています。これは、男性の方が浮気を許さないといった感情が働くことに対し、女性の方は浮気をされても仕方ない、といったように諦めている人が多いということです。生物学的に言えば、男性が複数の女性と関係を持つ方が生殖のみを考えればはるかに効率的です。 しかし、男性の場合、女性よりも社会性が強いため、独占欲・支配欲が強いのも事実です。
自分のパートナーが他の男性にとられることをひどく恐れ、怒りを感じます。 これに対し女性は、浮気をされても自分に責任があるのではないか?
といった風に考えてしまう人も多いです。 女性は、自分と子供をしっかりと守ってくれる男性を選ぶ傾向にあります。浮気をする場合も、容姿が優れている、社会的身分が高い、経済力があるなどといった要素を持っている人と浮気をする場合が多いです。

性差で見る浮気の実態

素人調査とマニュアル本の注意点について

プロと素人の違い。

浮気調査に関して、プロと素人ではその調査手法、調査力にも当然大きな違いがあります。
素人では決して真似できないのが、浮気調査におけるプロの調査力と証拠獲得力です。 あなたは、真夜中街灯の明かりもないような場所で、遠く離れたターゲットの浮気の証拠写真を入手することが出来ますか? 答えはノーでしょう。浮気調査を行う際には、そういった場面においてもしっかりと浮気の証拠を掴みとる高い調査力が必要となります。
また、浮気調査に素人が手を出すと、逆に状況を悪くしてしまう場合もあります。餅は餅屋に任せましょう。


アプリやマニュアル本の注意点

インターネットサイトを見てみると、浮気調査のマニュアルを販売、または無料で公開しているようなサイトが見つかります。こういったサイトやアプリに掲載されている情報はほとんどが根拠のない調査法です。数々の調査経験を誇るトラストジャパンから見れば、このようなサイトに掲載されている浮気調査の方法はとても危険なものです。
浮気調査は普通の調査とは異なり、とても専門性の高い調査になります。 浮気をされているかもしれないといった人からしっかりとヒアリングを行い、そのヒアリングをもとに綿密な予備調査を行います。 その予備調査を繰り返し、さらに依頼主様と情報交換をすることで、本調査に乗りだし浮気の証拠を掴みます。 浮気の証拠を掴む際にも、しっかりとした技術力がないと浮気の証拠として成立しません。

 素人調査とマニュアル本の注意点について

sns

無料通話アプリで相談!
ID:tanteisoudan