探偵トラブルの問題点と注意点

探偵トラブルの問題点と注意点

  • お問合せ

大手と名乗るの探偵社の問題点

大手と名乗るの探偵社の問題点

大手探偵社と自らを謳っている探偵社があります。
厳密に言うと、探偵業界に大手といった概念は存在しないのですが、誇大な広告を行うことで認知度が高くなり大手と呼ばれることもあるようです。
大手探偵社の組織体制については、マニュアル化が徹底されている、柔軟な調査に対応できない、管理部門が分かれているといった体制が見て取れます。
では、こういった組織体制の場合、浮気調査にどのような影響があるのかを考えていきたいと思います。
大手探偵社になると人員が増えることが考えられます。
人員が増えると調査や管理の関係で多数のマニュアルが必要になります。
調査に関してこのマニュアルが徹底されることで、組織として人材の管理を効率的に行うことが出来ますし、ある程度の調査の質を担保することもできます。
しかし、浮気調査はこういったマニュアルで対応できるほど甘いものではありません。
10年以上の経験を誇るトラストジャパンのベテラン調査員でも、想定外の事態は頻繁に起こりますし、それに対応する柔軟な思考と適切な決断力が必要になります。
根本的なマニュアルがあることはいいことかもしれませんが、それが過ぎると調査力が下がってしまうといった危険性があります。
「大手だから調査力も高い」といった考え方が通用しないのが探偵業界の特殊性と言えるでしょう。


探偵調査でも部門が分かれている


大手探偵社と名乗る探偵社の場合、浮気調査に関しても調査部門と相談部門に分かれていることがあります。 これも、たくさんの人員を管理するために考案された分業です。 分業は確かに効果的ですが、探偵調査の場合は危険性も付きまといます。 例えば、こういった状況を考えてみてください。 いよいよ決定的な浮気の証拠を取得できるといった逼迫した状況下において、依頼主様から浮気調査の中断の依頼があったとします。 当然、相談部門に連絡が行くことになり、相談部門から現地の調査員に報告が行く時にはもう浮気の証拠を入手している可能性も十分あります。 大手探偵社はほとんどが基本料金と成功報酬で料金設定をしていますので、調査自体が不要になった場合でも証拠を取得した費用を支払う義務が生じます。 トラストジャパンの場合、基本料金のみで調査を提供していますのでこういった心配はまずありませんが、依頼主様の要望に合わせて成功報酬での調査依頼も受けております。 調査部門と相談部門の連携が強く、常に情報共有ができるシステムを構築していますので、こういった緊急の場合でも現地スタッフに迅速に情報伝達をすることが出来るのです。


大手ということに固執しない調査方法

我が探偵社は業界においても最高クラスの調査成功率を発揮しています。しかし、自分たちを大手探偵社とは呼称していません。何故なら、大手の名に拘ることより、依頼主様の希望に確実に応えることを第一に考える探偵社であろうと考えているためです。誠実な対応と確実な運営を持ってして、浮気調査に当たることで依頼主様の希望を叶えることが出来るのです。高い調査技術と柔軟な経費削減を実現しているトラストジャパンでは、他の大手探偵社には無い臨機応変で合理的な調査手法をとることが可能です。数々の弊害を避けるためにも、単純に外部の探偵社へと仕事を依頼することは致しません。トラストジャパンでは事前調査からアフターフォローまで、完全解決型の調査をお約束します。専門性の高い調査を一貫した自社管理で行っているトラストジャパン、浮気調査のご相談は我が探偵社にご相談下さい!

大手名乗る探偵社の調査料金

探偵業界にも大手と謳っている探偵社があります。
厳密に言うと探偵社に大手は存在しません。
調査料金の相場を設けることも独占禁止法に抵触することですので、大手の探偵社は本当は存在しないのです。
ではなぜ、平然と大手探偵社として名乗っているのでしょうか?
今回は、大手探偵社の行っている巧みなカラクリについてご紹介していきたいと思います。
浮気調査の相場について相談者様の多くはイメージが湧かないものと思います。もちろん、探偵に依頼する機会など人生において1回あるかどうか。
したがって、一部大手の探偵による「150万円」という料金や、悪質な探偵事務所から「300万円」と言われてしまえば「そういうものなのか」と受け入れてしまうかもしれません。
しかし、浮気調査について数百万円の調査費用が発生する。
トラストジャパンの調査料金の算出方法ではまず考えられないことです。 例えば、大手の探偵では調査員を4,5名使うケースも多いようです。相談者様にしてみれば人数が多い方が安心と思われるのでしょう。
しかし「 人数が多い=成果が出る」というものではありません。
1人での調査は非常に危険ですが、2人体制であれば浮気調査は十分に成功します。
また、悪質な探偵事務所による明らかに高額な料金。相場を知らない相談者様に付け込んだ卑劣な行為です。このような見積で契約を要求する探偵 にははじめから関わらないようにしましょう。


大手名乗る探偵社 = 誇大広告をしている会社

大手と謳っている探偵社は誇大広告をしているだけに過ぎません。 莫大な広告費を使用して各種メディアに広告を行ったり看板やチラシを使って会社のPRを行ったりします。 ご存知の方も多いかも知れませんが、このような広告費にはかなりの費用が掛かります。 大手と謳っている探偵社がこのような誇大広告を行えるのは、浮気調査の料金に広告費分の加算がされているからです。 テレビ番組や雑誌などで取り上げられている探偵社もありますが、裏ではたくさんのお金が動いています。 誇大広告を行い、大手を名乗っているので調査料金は非常に高く設定されています。
また、大手と名乗る探偵社の中には、法外とも言える高額な相談料金を請求してくる探偵社もあります。 そもそも、不安や疑問があって探偵社に連絡したつもりが相談を少し行っただけで数万円の費用を請求させる場合があります。 大手探偵社と謳っている探偵社は莫大な広告費をつかっているため、こういったことでその費用の補てんを図っているのです。 トラストジャパンは相談無料で浮気調査を承っています。 依頼主様の納得頂けるまでしっかりと事前に説明をし、双方合意の上で契約に至ります。


大手と名乗る探偵社の調査料金と解約金


大手と謳っている探偵会社の調査料金の事例をご紹介します。
調査員チーム制 5名~8名以上:一日八時間の浮気調査 30万円
調査員チーム制 5名~8名以上:三日日間の浮気調査 150万円

広告費を大量に使っているためにこのような調査料金設定がされています。 このような高額な調査料金を支払える人はごく少数に限られてくるでしょう。 更に大手探偵社の契約書の内容はしっかりと確認する必要があります。 探偵社の調査においても、途中で解約をした場合に解約金がかかります。 解約金は契約時の金額の何割と定められています。 例えば上記の探偵社に三日間の調査を依頼し、途中で解約した場合(解約金比率20%)、なにも結果が出ていなくても 30万円の解約金がかかってしまいます。 30万円もあれば、かなりの浮気調査を行うことが出来ます。 契約を結ぶ際にはしっかりと契約書の内容、解約金の比率に目を通す必要があります。

大手の名前より大切なもの

我が探偵社はこの業界でも最高レベルの調査力とその成功率を持っています。
しかし、我々が大手であるという過信や奢り、名前へのこだわりは一切持っていません。何よりも大切な、依頼主様からの信頼を得る誠実な仕事内容にこだわっているからです。
浮気調査の料金相場において格安な設定をしているトラストジャパンは1時間にどの程度の調査費用が発生しているか、また、他社と比較しても十分に格安な料金設定をしていることはお分かりいただけるかと思います。
浮気調査にどれだけの費用と時間をかけるか。あなたがパートナーに対して慰謝料請求や離婚請求、あるいは話し合いの場を持ち たいとお考えであれば、迅速かつ格安で解決できるトラストジャパンにご相談ください。

 大手と名乗るの探偵社の問題点

経費水増しと追加料金に注意

経費の不正な水増し問題。

浮気調査を行う場合にも各種経費が必要となります。
探偵社の中には、この経費を不正に水増しし、高額な料金を請求してくる探偵社もありますので注意してください。
探偵社の中には、浮気調査でかかった費用のすべてを基本料金に上乗せして請求してくる探偵社もあります。 事前にそれも了承しているなら問題ないかも知れませんが、事前に説明もないままこういった経費の水増しをする探偵社があるのも事実です。 例えば、遠方への調査を行った際に、不必要な経費まで計上している、そもそも、経費が掛かった証拠(領収書、レシートなど)を提出してくれないといったケースもあります。 このような探偵社の利用はしないようにしましょう。 不正な経費水増しで大損をしてしまうことも考えられます。
業界内に悪質な料金体系が蔓延っているのは事実ですが、トラストジャパンでの調査にかかる費用は極めて安く、そして分かりやすいものです。
私たちは相談者様に対して、不透明な料金を請求することはありません。
料金の追加が必要となる場合には、相談者様に打診を行います。

高額な追加料金トラブル

探偵調査へ浮気調査を依頼した際に、初めに見積もりされた金額よりも高額になってしまった…。 といったことがあります。
これは、事前の説明の段階でご依頼主様にしっかりと説明を行わずに探偵会社の独りよがりで調査を追加することが原因になっています。
浮気調査を依頼する際に、料金体制や料金についてしっかりと確認しておくことは必要不可欠です。
浮気調査は予定よりも調査時間が延長される事も多いもの。
例えば、深夜ラブホテルに入った調査対象者と浮気相手は高確率 で朝まで出てきません。したがって、この時間帯を「浮気調査をしている」とカウントして良いのかという問題があります。
一般的な探偵社ではこの時間も含めて調査時間としています。その為、まだ良心的な探偵であれば「延長時間がかかります」
と一報入れてくれるのですが、探偵によっては事後報告として「○○時間延長したので○○円かかります」と追加料金を請求してきます。
このように、浮気調査が原因でトラブルに発展するケースも少なくありません。そこで、料金体系を明確にしている探偵に依頼することが重要となります。

調査を中断すると脅してくるところも…

浮気の証拠獲得まであと一歩…そういった段階で追加料金を請求してくる探偵会社もあります。 これは、ご依頼主様の心理を悪用したもっとも卑劣な手法と言えます。 浮気調査を行う場合、費用もそうですが、確実な浮気の証拠を掴むことこそがご依頼主様の最大の要望です。 それを逆手に取り、証拠獲得直前になって追加料金を請求し、料金が支払えないなら調査を中断するといった探偵会社もあるようです。 探偵会社を探す場合には、事前にしっかりとその探偵会社に付いて知る必要があります。

経費水増しと追加料金に注意

実力・力量がない調査員・相談員の問題点

調査員・相談員の力量。

探偵業は最寄りの公安委員会に届出さえ出せば誰でも開業できます。
特別な資格を必要とせず、また、検定試験がある業種でもありません。 その為「本当に調査力のある探偵なのか」
という指標を出すことが難しく、ネット上での口コミや知名度などに頼らざるを得ないのです そこで「料金が安いから」
「仕事帰りに寄れる場所にあるから」
と言った理由で、調査力のない探偵に浮気調査を依頼してしまうと後で大きな トラブルに発展してしまう可能性があります。
例えば「浮気調査が対象者(パートナー)に発覚してしまう」
というケース。これは、夫婦の信頼関係を損ない、最悪の場合は相手から離婚を 請求されてしまいます。相手からすれば本当に浮気をしていても「信頼関係が無くなった」
などの理由を付けておけば、有利な条件で離婚が出 来てしまうのです。あなたが少しでも離婚請求や慰謝料請求を有利に進めようとしたのに探偵のせいでトラブルに発展してしまうのでは逆効果です。
また「浮気の証拠を掴めなかった」というケース。
これは調査という性質から失敗することもあり得ます。当然、仕方のない部分ではありま すが、やはり調査力のない探偵会社に依頼して失敗したのでは後悔が残るでしょう。


調査員、相談員の力量不足が招く悲劇


浮気調査は非常にデリケートな内容のものです。 調査の途中で発覚するようなことがあれば、浮気相手に訴えられてしまう可能性もありますし、さらにはご依頼主様にもご迷惑がかかる場合も有ります。 最悪の場合、浮気相手に訴訟を起こされて多額の慰謝料を請求させるといった事態も発生しています。 これぐらい、浮気調査は慎重かつ確実に行わないといけないものなのです。 探偵会社の中には、調査員や相談員を外注の探偵会社から雇う、アルバイトを雇うといった体制のところもあります。 調査員の力量不足はもちろんですが、相談員の力量が不足しているために正しい情報が現場に伝達されていない場合があります。 いくら調査員が優れていても、相談の段階で正しい情報が入手できていなければ適切な調査を行うことが出来ません。 逆もまた然りで、いくら優秀な相談員がいても、その情報をもとに適切な調査を行える調査員がいないと調査は成功しません。 調査員、相談員のどちらの力量が欠けても浮気調査は成功しないのです。 トラストジャパンでは調査員、相談員の両方とも長い経験を持つスタッフしかおりませんので安心してご相談ください。


素人採用の問題点


浮気調査を依頼した時にトラブルに遭ってしまう方がいます。
その多くが、浮気調査の途中でターゲットに調査をしていることが発覚してしまう、付近住民から警察に通報されてしまう、法外な 調査を行い訴えられてしまう、個人情報の取り扱いマニュアルがしっかりと運用されておらず、見ず知らずの第三者に調査の漏洩を行ってしまうといったケースです。
多くの場合が、アルバイトの調査員を利用している、探偵としての知識、技術が十分でない調査員が失敗するといった理由によるものです。
我々では上記のようなことはまずありえません。
最低20年以上の経験を持つベテラン調査員しかいませんし、外注の探偵会社、素人アルバイトの調査員を利用することなども一切ないからです。

実力・力量がない調査員・相談員の問題点

激安料金・成功報酬制度の問題点

激安すぎる探偵社の問題点。

探偵社の中には、激安な料金で調査を実施しているところもあります。 浮気調査も安いに越したことはありませんが、あまりにも安い過ぎるところには注意が必要です。
浮気調査の場合、人件費、交通費・宿泊費、広告費、設備費用など様々な要素が合わさって料金設定がされています。 料金が安すぎるということはどこかで経費削減をしないといけないということです。


成功報酬制度のからくり

探偵会社の中には成功報酬制度を用意している会社もたくさんあります。
この成功報酬制度、実は種類があるのです。 今回は、この成功報酬制度についてしっかりとご説明していきたいと思います。


<基本料金+成功報酬制度>

成功報酬制度を行っている探偵会社の多くが採用している料金プランです。 例えば基本料金一日数万円。浮気の証拠を押さえることに成功したら追加でさらに数万円といったような報酬体系です 一見すると、万が一調査に失敗した際は成功報酬分の金額がかからなくてお得と感じるかも知れません。 基本料金の比重が高いところがほとんどで、成功報酬の比重の方が多い探偵会社はほとんどありません。


<完全成功報酬>

基本料金が一切かからず、浮気の証拠がしっかりと押さえられた場合のみ報酬が発生する仕組みです。 この場合、多くが段階ごとに料金が設定されています。 例えば、 浮気相手の特定ができたときに加算 浮気の証拠の入手の際に加算 離婚調停裁判での証拠成立の際に加算 などといった形です。 事前の打ち合わせの段階でしっかりと料金とその内容を確認しておく必要があります。 更に注意が必要なのが、なにを持って「成功」と呼ぶかを事前に確認しておくことです。 悪質な探偵社の中には、「証拠はつかめなかったが、調査には成功した」といった屁理屈に近い理由を付けて料金を請求してくるところもあります。


<どのように料金が水増しされるのか?>

始めに説明を受けた料金よりも高額になってしまう、その場合に多いのが成功報酬を利用した水増しです。 トラストジャパンでは料金体制を明確にするために時間制の基本料金しかいただいておりませんし、追加料金も一切ありません。 しかし、他の探偵会社になると基本料金と成功報酬金といった二段階の費用が掛かるところが多くあります。 この成功報酬を利用して、不正に料金を請求する探偵会社があるのです。 調査の段階で、ご依頼主様にしっかりとした説明もせずにオプションの調査を実施し、その金額を請求する、そもそも、成功 報酬にいくつかの段階があることを切目していないといったケースもあるようです。 成功報酬の段階というのは、浮気をする日程を特定する、浮気相手を特定する、証拠となる写真などを入手するといった段階 でそれぞれに調査料金を設定していることです。 始めにしっかりとした説明があり、ご依頼主様も納得された上のものであれば問題ないかも知れませんが、説明なくこう言った成功報酬金を請求してくる探偵社・探偵事務所もあるので注意が必要です。

激安料金・成功報酬制度の問題点

違法調査と個人情報漏えいの問題点

違法調査を提案する探偵社。

探偵社の中には、調査の成功率を上げるために違法調査を行っている、または違法調査を依頼主様に提案してくる探偵社もあります。 違法調査を行うと、刑事責任を課せられる場合も有ります。
これは調査を行った探偵社だけでなく依頼者にもその被害が及ぶ可能性があります。 では、実際にどのような違法調査があるのか、少しご紹介していきたいと思います。 数々の探偵調査は、探偵業法と呼ばれる法律に基づき実施されています。 もちろん、この探偵業法を守らない調査は違法になりますし、探偵業法の定める基準を満たしていない探偵社は調査自体行うことができません。 <違法調査の事例> 違法調査の事例として以下のような例が挙げられます。

・調査を有利に進めるために、ターゲットなる相手の家に盗聴器を仕掛ける
・無断で住居に侵入し、浮気の証拠になる物証を得る
・特定のターゲットの家の合鍵を作る
・調査で得たターゲットの情報を勤務先や第三者に晒す

他にも様々な違法調査があります。 探偵社からこういった調査を提案してくるのは論外です。 そもそも、探偵業の許可を取っていないのに副業的に探偵業をしている人もいますが、そうなってくると調査そのものが違法になります。 「違法調査をしている探偵社が悪くて、依頼した人には関係ないのでは?」 と思われる方もいるかも知れません。しかし、現実に共犯者として仕立てあげられることもありますし、悪質な探偵社に捕ま ると依頼主様だけが違法行為を働いたとされてしまうこともあります。 トラストジャパンではコンプライアンス(法令を順守すること)にも力を入れています。 探偵業法に沿った浮気調査の実施、しっかりと認可の下りた条件で運営を行っていますので、違法性は一切ございません。 トラストジャパンから違法調査を提案することなど絶対に有りませんし、違法性のある依頼と分かった場合は毅然としてお断りしております。

個人情報の漏えい問題

浮気調査の際、依頼主様、ターゲットとなる相手、ひいては浮気相手に至るまで様々な個人情報が関連してきます。
個人情報保護法のもと、適切なガイドラインを作り厳格に個人情報の取り扱いをしているトラストジャパンではまずありえないことですが、 他の探偵社では個人情報が漏えいするといったトラブルも実際に起きています。
浮気調査では経過報告、結果報告、さらには調査で入手した依頼主様、ターゲット、浮気相手の個人情報が漏えいすることでトラブルに発展する場合があります。 例えば、依頼主様に電話連絡をするつもりが誤ってターゲットとなる人物の携帯電話番号に電話をかけてしまう、浮気相 手に電話をかけてしまう、調査の経過報告を依頼主様ではなく全く別の第三者の元に郵送してしまうといったトラブルがあります。 浮気調査の場合、とてもデリケート内容の情報が詰まっていますので下手をすると悪用されてしまうケースもあります。 個人情報の取り扱いに関して、厳格なマニュアルがないような探偵社を利用してしまった場合、最悪詐欺に利用されたり、他の悪事に利用されたりする可能性もあります。 ターゲットや浮気相手の個人情報を漏えいさせた場合、訴訟につながるケースもあります。 個人情報の取り扱いが徹底されていない探偵社の場合、こういった危険性があるのです。 トラストジャパンでは個人情報保護法に則り厳格にご依頼主様、その他関連する個人情報を取り扱っていますのでご安心ください。

違法調査と個人情報漏えいの問題点

復縁・別れさせ工作のトラブルの問題点

別れさせ屋、復縁工作会社と呼ばれる業者があります。

その名の通り、ある特定の男女を別れさせたい、復縁させたいといった要望に応える業者です。 主に都市部にあり、業者によっては地方にも対応しています。
この別れさせ屋、復縁工作会社の利用にも注意が必要です。 業者によって違法な営業をしているところもあります。
別れさせ屋、復縁工作会社も多くが探偵業法の下に業務を行っています。 この法律を順守していない業者が調査を行えばもちろん違法ですし、認可を受けていない業者が調査を行うことも違法です。
無認可の業者を利用してしまったために、ターゲットになる相手から多額の損害賠償金、慰謝料を請求させるといったトラブルも発生しています。
別れさせ屋や復縁会社はなるべく利用しないようにしましょう。

気になる、別れさせ屋・復縁会社の工作内容

別れさせ屋の工作内容について気になる人も多いかと思います。 以前、別れさせ屋がターゲットとなる相手と肉体関係をもち、その証拠写真を提出してトラブルになったという事例があります。 こういった直接的な工作はほとんど行っていないのが現状です。 自然に二人が不仲になるように友人や職場の上司、同僚を装ってターゲットに接近し交際している相手に不信感を持たせるといった内容のものが多いようです。 復縁工作を行う場合も似たような手法が取られます。中には占い師に扮して以前付き合っていた人と復縁したほうがいいといった手の込んだ工作を行うところもあるようです。

復縁・別れさせ工作のトラブルの問題点

トラストジャパンからのお約束

情報の漏洩は絶対にありません。

情報漏洩問題が度々ニュースで話題になります。もちろん当社も情報管理は大変慎重で、ご依頼者様の情報を絶対に外部漏洩はさせないことを徹底しております。特に、我々の業界のご依頼者様の相談内容は本当に誰にもお話されていないような、トップシークレットな内容の案件を取り扱うものばかりです。そういった意識を常に持ち続け、漏洩防止意識を高める為のスタッフの教育、ハッカーの対策なども積極的に行っております。もちろん創立以来、今まで外部に情報が漏洩した事実はありません。

不当な料金請求は致しません。

調査料金面で不安を感じられる方も多いでしょう。実際に「オプション代」などの名目で、契約時の調査料金に加えた不明瞭な料金請求を行う探偵社も多いようですが、当社は、ご契約時に頂いた調査料金以外、基本的には請求致しません。万が一何かしらの状況で料金が発生してしまうような場合は、予めご依頼者様にはお伝えしております。また、遠方などで調査が伸びてしまうような場合も、車中泊などで経費を徹底的に削減します。料金の面でも安心して調査依頼が出来る、これが当社の強みと思っております。

トラストジャパンからのお約束

sns

無料通話アプリで相談!
ID:tanteisoudan